今、レクの仕事が熱い!

レク転職の先輩が語る
転職ビフォーアフター

「介護レクの仕事って、具体的に何をやるの?」「どんなときにやりがいを感じるの?」など、
レク転職の先輩に、ホンネの話を語ってもらいました。

やりたいことが出来る職場と出会って仕事の楽しみが増えました!

小池 正徳さん
株式会社 和一勤務

● 以前のお仕事
特別養護老人ホーム/介護スタッフ
● 現在のお仕事
半日型デイリハセンター/ケアマネジャー

転職しようと思った動機は?

もともと僕は、介護の業界で働くことがずっと夢だったんです。小学生の時に、職場体験で地元の特別養護老人ホームに行かせてもらったんですが、その時に利用者様のおじいちゃんやおばあちゃんに「ありがとう」と言ってもらえたのが忘れられなくて・・・。 その想いから、介護福祉士とケアマネを取得して働くようになりました。 以前の職場では、まずは介護技術を磨こうと特養に勤め、ショートステイやデイサービス、またケアマネ業務など、様々な経験をさせてもらいました。日々業務に取り組む中で「在宅にかかわる仕事をしたい、ケアマネとして、もっと利用者様とコミュニケーションがとりたい。」という気持ちが強くなりました。 そんな中で、今の職場と出会ったんです。代表の「ご利用者様やそのご家族の気持ちを叶える“新しいリハビリサービスの提供”」という言葉を聞いて、その時に「自分が実践したいことと同じだ!ぜひ、チャレンジしたい!」と気持ちが募り、転職を決めました。

現在のお仕事のこと教えてください。

相談員の時の業務内容は、体操や、物理療法(温めたり、筋肉をほぐしたり、機械で行う治療の事)と、特別プログラムのレクリエーションを行う事が主な仕事です。物理療法中に利用者様とお話をしたり、脳トレや趣味活動の誘導なども積極的に行っていますね。 リハビリ特化型のデイサービスなので、利用者様に楽しんでもらえるよう、また「利用者様自身で考えて、行動したくなる」仕組みを作っていけるように、日々考えています。その中で「レクリエーション介護士2級」を取得したのですが、学習したことをどんどん実践していますよ!利用者様の趣味や興味を調べて「やってみたい!」と思われることをレクリエーションとして企画したり。講座を通して学んだ「レクを通じてのコミュニケーション」がどれほど大切か、ということを常々、実感しています。

転職を考えている人へのアドバイスをお願いします。

いかに、自分がやりたいことを大切にするかだと思います。 僕は、利用者様の「ありがとう」がきっかけで介護業界に入りました。仕事をしていくうえで、介護技術だけではなく、コミュニケーションをとることの大切さを知りました。その手段としてのレクリエーションを通じて、今でも色々なことを学んでいます。今、自分が何をやりたいのかを考えて、その想いを大切にすることによって、希望の職場に出会えるのではないかな、と思います。

ページトップへ

採用担当者から

コミュニケーション能力を最大限に発揮して、今後も笑顔の中心でいてくれることを期待しています!

小池さんは中途入社ながら、既に当社で欠く事の出来ない人材としてのポジションを確立しています。 特養での経験で、培った介護技術はもちろんの事、介護支援専門員としてのコミュニケーション技術も素晴らしい物があります。そして、彼の最大の特徴は、体操やレクリエーションを通して、利用者さんに元気を届ける事ができる事。彼の明るい笑顔と笑い声のファンになっているご妙齢の女性がたくさんいますよ。   代表取締役 真下和貴より

株式会社 和一
 真下 和貴 様

ページトップへ

経験を重ねていくことで、「在宅に関わる仕事」というやりたいことが見つかった小池さん。 小学校から抱き続けた想いを大切にしたことで、本当にやりたい仕事とめぐり合ったんですね。 やりたいことを明確にすることが、素敵な施設と出会うポイントですね。

ページトップへ

転職ビフォーアフターの一覧に戻る

最新記事

求人への応募、サービスのご利用には
介護レクID登録(無料)が必要です。

会員登録する

※パスワードをお忘れの方は再発行してください。

Copyright © 2016- BCC株式会社 スマイル・プラスカンパニー. All Rights Reserved.